猫びよりX 介護日記 ~一日一笑~

福祉、介護、ほんわか、癒し、笑い、気付き、知識、本、感想等々を更新していきます!できるだけ、おもしろく、読みやすく(*^-^*)

第17幕 在宅介護 コラム ~認知星人じーじ~

わが家のじーじは、アルツハイマー星に住む認知星人。地球人の時はいたって普通の91歳。認知星人のスイッチが入ると、認知星人に変身する。今回は、認知星人が言い放った爆笑シリーズをご紹介!

 

【海苔とふりかけ】

 

じーじ「おい、ここにあった海苔とふりかけどうした?」

 

私「海苔?ふりかけ?」

 

じーじ「ここにおいてあった、旅館の朝飯の時によく出るビニールに入っている海苔と、わかめのふりかけだ」

 

私「・・・・・・」

 

じーじ:「さっこ(女房)に持って行こうと思って置いておいたのに、ないじゃないか」と、すごい勢いでご立腹。

 

私「いつおいてあったの?」

 

じーじ「1年前だ」

 

・・・・1年前かい!!!!

1年前に置いてあったって言われてもなあ~と思いつつ、女房(特別養護老人ホームに入居中)を思うじーじのために、海苔とふりかけを買いに行ったのであった。

 

【デイサービスの缶コーヒーは1本4万円】

 

私「今日は、寒いからセーター着る?」

 

じーじ「ヒーターなんか着られるわけがないじゃないか、何を言っているんだ、お前は

変なことばかり言うな」とまたまたご立腹。

 

じーじ「それより、8万円くれ、自動販売機で缶コーヒー2本買うから」

 

私「へ?」デイサービスの缶コーヒーは1本4万円するらしい(笑)

 

【俺宛ての荷物じゃない】

じーじを一人にして、ほんの数分買い物にいった間の事件!

 

「この住所は黒川さんですよね~」ってクロネコヤマトと佐川急便から立て続けに電話が入った。

 

「はい!そうですよ」と答えると

 

「今、荷物をお届けに行ったんですが、お出になられたおじいさんが『違います』と言って受け取ってくれなかったもので」

 

急いで帰ってじーじに理由を聞いてみると

 

じーじ「俺宛ての荷物じゃない!」

 

確かに!正しい!(笑)

 

島崎藤村

デイサービスから16時に帰ってきたじーじは、すぐにお昼寝。それも爆睡状態。数時間後、ごそごそ音がするから見にいくと、デイサービスに行くカバンを取り出し、背広を着る準備をしているではないか。「今は夜だからね。デイは明日行こうね」と言うと

 

「まだ、夜明け前だ」島崎藤村か~~~~!

 

 じーじと私は、毎日コントのような会話を繰り返しているのであった。今日も楽しく認知症介護実践中!

第16幕 在宅介護 コラム ~認知星人じーじ~

わが家のじーじは、アルツハイマー星に住む認知星人。昭和3年生まれの満州育ち。認知星人のスイッチが入ると、一つの事に固執する。今回の固執は「鱒寿し」。

 

 几帳面なじーじは毎日日記をつけている。といっても、何時何分「大」、何時何分「小」とトイレに行った時間が記入してあるだけだが(笑)。

 

そして何故か毎朝、新聞をホチキスで止めて、日付を赤で囲むのが日課。ここ数週間、日記帳にも新聞にも「鱒寿し」の文字。

 

私「鱒寿し、食べたいの?買ってこようか?」

 

じーじ「いや、俺が食べるんじゃない」

 

よくよく話を聞いてみると、どうやら、誰かが送ってくれることになっているらしいが・・・。

 

次の日、私宛の宅急便を見て

 

じーじ「鱒寿しが来たな!満鉄に送ってくれ!」

 

私:「これは、鱒寿しじゃないよ」

 

じーじ「明日、届くから、満鉄に送ってくれ」

 

私の心の声「ま!満鉄?」

 

何で満鉄?なんて聞こうものなら、認知星の怒りん坊星人に変身してしまうので、ここはひとまず「わかったよ!」と返事をしたものの、本当に鱒寿しが届いたらどうしょう・・・そこで思い切って聞いてみた。

 

私「鱒寿しさあ、満鉄の誰宛てに送るの?」

 

じーじ「誰宛て?そんなもん、差出人の俺の名前を見れば、しかるべき人に届くように手配してあるから、そんな細かいことを心配するな。それより、鱒寿しがこないことの方が問題だ。約束を破ると、国際問題に発展するからな」

 

な!なんと、鱒寿しを送らないと国際問題に発展するらしい、そりゃ~大ごとだ。

それから毎日、普段まったく気にしない(というか、耳が遠いので聞こえていない)玄関のチャイムの音に異常に反応し、「鱒寿しか、満鉄に送れ」を連発。鱒寿しでないことが解ると、「早く送らないと、本当に大変なことが起るぞ」とご機嫌ナナメになる始末。

 

そして数日後、ついに鱒寿しがわが家に届いてしまった。さあ、どうやって満鉄に送ったことにするか思い悩むが…

 

私「鱒寿しきたよ」

 

じーじ:「きたか!食うぞ!」食べる気満々。

 

…満鉄に送るんじゃなかったんかい!

 

【プロフィール入るかな? 訂正をお願いします。埼玉県内の福祉事業所勤務になっていますが、勤務してません(笑)】

第15幕 在宅介護 コラム ~認知星人じーじ~

わが家のじーじは、アルツハイマー星に住む認知星人。地球人の時はいたって普通の91歳。認知星人のスイッチが入ると、認知星人に変身する。今回は、被害妄想星人。

 ある日、テレビを見ながらウトウトとしていたら、なにやらじーじの声が聞こえる。家中を探してもじーじの姿を見えないが、声は聞こえる。玄関を見るとなんとじーじの靴がない!声の行方を捜すと裏のおばちゃんの家から聞こえるではないか。よくよく耳を澄ましてみると「れーこにいじめられている~、れーこにいじめられている~」とじーじの声。

 

ま!待ってよ。いじめてないし、人様の家にまで行って何を言っているのよと焦る私。

 

どうやら、昼食時に「ビールが飲みたいと」言ったじーじに、「夜まで待っててね」といった一言が気に入らなかったらしい。じーじの頭の中では、ビールが飲みたい+夜までお預け=れーこがいじめる。という方程式が出来上がったようだ。

 

しかし、今、じーじを呼び戻しに行くと、じーじのプライドを傷つけることにもなるので、2階の窓からおばちゃんに気が付くように手を振り、誤りのポーズを繰り返すこと数分。私に気づいたおばちゃんはOKマークで答えてくれた。

 

数十分後、じーじは何事もなかったような顔で戻ってきたあと、しばらくするとソファーに座って高いびき。その隙に私はおばちゃんの家に行き、お礼&お詫びに。やっぱり、「れーこにいじめられている」の原因は、ビールを飲ませてくれないだった。トホホ!

 

わが家は、袋小路の突き当りにあるため、家を出る時も、帰ってくる時も、この家の前を必ず通化する。お天気の良い日には、お庭にいることが多いこの住民さん。じーじや娘の出入り(外出・帰宅の様子)もよく見ていてくれているので、私は密かに愛情をこめて「関所のおばちゃん」と呼んでいる。

 

数年間、脳梗塞を起こし、畑で倒れていたじーじを発見し、救急車を呼んで下さった命の恩人でもある。認知症になってからは、何度か無断外出を試みるじーじを発見し、通報してくれるなど、それはそれはわが家にとって素晴らしい功績の持ち主なのである。

「いつでも見張っててあげるから、安心してな」と言ってくれる「関所のおばちゃん」ありがとう!

第14幕 在宅介護 コラム ~認知星人じーじ~

わが家のじーじは、アルツハイマー星に住む認知星人。地球人の時はいたって普通の91歳。認知星人のスイッチが入ると、認知星の怒りん坊星人に変身する。

 

それは、じーじの弟からの電話で始まった。最初は穏やかに話していたものの、途中から雲行きが怪しくなった。

 

じーじ「あなたの言っていることはおかしいですよ。もう一度よく思いだされたらいかがですか?」と、どんどん敬語になってきた。じーじは、怒りはじめると口調が敬語になる。(余談だが、私も頭にくると、敬語になるから血は争えないなぁと思う)。

 

しだいに、「あなた」が「あーた」になり、ついには「きさま」に、もう完全にケンカモードに突入。

 

じーじは耳が遠いので、声もデカい。ご近所を驚かせてもいけないので、窓を閉め。隣の部屋で、聞き耳を立てて傍観者となってみた。

 

どうやら、40年前にじーじの弟が土地を購入した時の話をしているらしい。さらに耳を澄ましてよく聞いていると、なんと!その際に、隣の家の人と一寸もめた件を、今!まさに起きていることのように話をしているではないか。じーじの声はますます大きくなり、どんどん、ヒートアップ。

 

じーじ「申し訳ないが、私の言っていることは何ひとつ間違っていない、そんな大切なことも忘れてしまったのかぁ~、兄である私を侮辱するのかぁ~」

 

ついに

 

じーじ「あーた(あなたと言っているらしい)とは裁判で決着をつけよう、次に会うのは、裁判所だな」と言って電話を切ったじーじ。

 

明日のスポーツ新聞の見出しは「認知星人VS軽度認知障害(じーじの弟)。40年前の話でバトル!」だな、なんて面白がっている場合じゃない。まだ、怒りが治まらないじーじは、電話機の前で身体をプルプルさせて「裁判だ」とつぶやいている。このままだと、確実に次の攻撃先は私になる!と思い、じーじの安定剤であるビールに、大好物の冷奴を献上。

 

「湿気が多い日は、冷奴がうまい!」と言いながら、ニコニコしながら食べているのであった。めでたし、めでたし。

 

【軽度認知障害MCI】認知症の一歩手前と言われる状態。物忘れなどの記憶障害があるが症状はまだ軽く、認知症ではないため自立した生活ができる。

第13幕 在宅介護 コラム ~認知星人じーじ~

わが家のじーじは、アルツハイマー星に住む認知星人。

地球人の時はいたって普通の91歳。認知星人のスイッチが入ると私たちには思いもつかないような行動をする。今回は前号から引き続きトイレットペーパー。丁寧に畳んで家中に置いてあるトイレットペーパー。じーじにとっては磁気カードだったらしい。そんなことはつゆ知らず、私が捨ててしまったことから事件は勃発したのであった。

 じーじ「なに!捨てただと、お前はなんてことをしてくれたんだ。いいか、あれは、軍の機密情報と、ペニシリンの製造方法がインプットされているんだ。これは大変なことになった。あの情報が漏洩したら、我が国は大変なことになる。」とうろたえるじーじ。

 

どうやら、私がゴミだと思って捨てたトイレットペーパーは、認知星人に変身中のじーじにとっては、機密情報が満載の大切な磁気カードらしい。

 

このまま放置しておくと混乱してますます大変なことになるので、ゴミ箱から拾って

 

私「無事に見つかったよ!」と渡したところ、

 

じーじ「お~。これで、情報は流出しなくなったから我が国の平和は保たれる。よかったよ」と満面の笑み。

 

しかし、気になるのは、その情報をどうやってインプットしたかだ!何故かというと、その辺に放置してある磁気カードという名のトイレットペーパーは湿っていることが多いので、たぶん、トイレで用(小)を足した後の使用済みと思われるからなのだ。

 

私「よかったね、でも情報ってどうやってインプットするの?」

じーじ「それもな、機密情報だから、お前にも教える訳にはいかないんだが、ヒントぐらいなら教えてやろう」と、自慢げな表情で、右手に持った磁気カードという名のトイレットペーパーを股間に押し当てて「ピッ!こうやって情報をインプットするんだが、これ以上は教えられんぞ」

 

は?股間に「ピッ」?

 

あっちゃ~、予感的中。じーじにとっての磁気カードは、やっぱり使用済みのトイレットペーパーだった!じーじのベッド周辺で漂うほのかな尿臭はこれだったのだ。

 

このまま家中に放置されても困るので、蓋が付いた容器を渡し「スパイに盗まれると困るから、この箱に入れてね」と言うと、大事にしまうじーじ。まあ、これで臭いだけはどうにかなるだろう。

第12幕 在宅介護 コラム ~認知星人じーじ~

わが家のじーじは、アルツハイマー星に住む認知星人。地球人の時はいたって普通の91歳。認知星人のスイッチが入るとそれはそれは、地球人が思いもつかないような驚くべき発想で私たちに難題を突き付けてくる。

 

 最近のじーじは認知症の症状でよくあると言われる収集癖がみられるようになり、ズボンのポッケやシャツのポッケには、きれいに畳まれたトイレットペーパーを山ほど入れている。毎日、見つけては捨てているのだが、うっかり、ポッケを確認しないで洗濯機を回してしまった後の惨劇。「また、やられた~ぁ、くそじじー」「まあ、お下品な物の言い方」などと一人芝居をしながら紙屑だらけの洗濯物を干すこの虚しさ。

 

 そんなある日、なにやらぶつぶつと言いながら、何かを探している様子のじーじ。普段はすり足で、カメさんのような歩みだが、今日は、チーターにも負けないような速さで家中をセカセカ歩き回っているではないか。

「なんだ、結構速く歩けるじゃない」なんて呑気に構えている場合じゃないほど、その形相は般若のよう。「どうしたの?」と尋ねると。

 

じーじ「オレの磁気カードがない」

 

私「磁気カード?」

 

じーじ「そうだ、ピンク色で、これ位の大きさの四角いやつだ」

 

ピンク?磁気カード?私にはなんのことやらさっぱり解らないが、じーじにとってはとても大切な物らしくますます、険しい顔つきで家中を探し回っているではないか。

 

じーじ「机の上に置いてあったやつも、寝台(じーじはベッドを寝台と呼ぶ)の横に置いてあったやつもないんだ・・・きっとスパイに盗まれたに違いない」

 

ついには、「もうだめだ…」と言ながら、頭を抱えてうなだれている。

 

お!ちょっと待てよ、ピンク!これ位の大きさ?…もしかして、トイレットペーパーか?わが家のトイレットペーパーはピンク色。そして、これ位の大きさ?机の上?ベッドの横?もしかしてあのゴミか?

 

私「あ!あれね。捨てちゃったよ」

 

じーじ「す!捨てただとぉ~。あれがないと、我が国には大変なことが起きる」

 

へ?大変なことが起きる?あの、トイレットペーパーがか?

 

じーじが、磁気カードと言う物の正体は、次週のお楽しみ!

 

【収取癖】認知症の症状のひとつ。モノを集めてしまう、または拾ってくるなどがある。

第11幕 在宅介護 コラム ~認知星人じーじ~

わが家のじーじは、アルツハイマー星に住む認知星人。

じーじは「俺に死ねというのか~」と言うと、何でも願が叶うと

インプットされたようで、何かあると、このフレーズを連発する。

 

先日も、瞬間接着剤が家にないことが解った瞬間「俺に死ねというのか~」

と言い出して大騒ぎするので買ってきた。急いで買ってきたのに、

願いが叶って満足したのか、瞬間接着剤を机の上に放置したままこの日はご就寝。

 

翌朝、「瞬間接着剤を買ってこい」とじーじ。

私「昨日買ってきたでしょ。机の上においたよ」

と言ったものの、昨晩置いてあったはずの瞬間接着剤が見当たらない!どうやら、夜中

に起きてどこかにしまったものの、しまった場所を忘れたらしい。

 

じーじ「瞬間接着剤がないと、飯が食えないんだ、俺は飯を食ってはいけないのか、俺

に死ねというのか~」

 

そりゃ~、ご飯を食べなきゃ死んじゃうけど…

 

飯が食えない?だから瞬間接着剤?なに?なに?私の頭の中は疑問でいっぱい。そこで

恐る恐るじーじに聞いてみた。

 

私「瞬間接着剤って何に使うの?」

 

じーじ「入れ歯だ」

 

私「入れ歯?」

 

じーじ「そうだ、あのオレンジの容器に入った瞬間接着剤は、なんでもくっつけること

ができるからな。前から俺が使っていたやつだ。だから、早く買ってこい」

 

あっちゃ~。どうやら、入れ歯接着剤が欲しかったらしいが、入れ歯安定剤を瞬間接着

剤と思い込んでいるらしい。瞬間接着剤を入れ歯に塗って口にはめられたら大変なこと

になる。

 

 

・・・ひらめいた。

 

 

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」山本五

十六じゃあないけれど、瞬間接着剤を入れ歯につけたらどうなるかを実演することに。

幸いわが家には何かの時のために、合わなくなった入れ歯が3つもある。さっそく、探

し当てた瞬間接着剤を使って実演しようとした瞬間。

「お?これじゃないぞ、俺が欲しかったのは、ピンク色のクリームが出てくるやつだ」

とじーじ。

 

それは、入れ歯安定剤だよと言うと、「そんなことはない、瞬間接着剤だ」と言い放っ

てニヤリと笑うその姿、間違いを笑ってごまかすじーじであった。